株式会社みみずや

素直に生き、
豊かさを紡いでいく

新着情報

NEWS



Earthworm (地球の虫)とも言われる『みみず』

私たち人類がいま、頭を悩ませている「自然」「人」「関係性」などのさまざまな問題について、
『みみず』だったらどう解決し、次の世代に豊かさを紡いでいくでしょうか?

我々"みみずや"は、あらゆる事柄に対して『みみず』という視点を加えることにより、
実感が持ちにくい社会/環境課題を自分ごととしてとらえ、行動するきっかけにつなげられたらと考えています。

事業を通じ「みみず」や「みみず的視点を持つ人」が増える活動をサポートすることによって、
ビジョンとして掲げる「素直に生き、豊かさを紡いでいく」社会の実現をめざしてまいります。



ミッション

MISSION

『みみず』のいる場が増える

私たちが考える『みみず』

  • 豊かな環境には欠かせない、土の中の働きもの
  • 「呼吸する」「食べる」「息たえる」という当たりまえの生命活動を通じて、他の生命の豊かさを生み出す存在
  • 身の回りの現象を実直にとらえ、行動し、自然な循環の中で素直に生きている「いのち」

事業内容

SERVICE
みみず事業
環境を自分ごとにする
  • みみずラボの運営(コミュニティの運営)
  • みみずコンポストの普及活動
  • みみずグッズの企画/販売
ちいき事業
地域を自分ごとにする
  • 農地活用(コラボ農園の企画・生産受託・資材販売)
  • 廃校活用(フィットネスサービスの提供/イベント企画)
  • 地域リコノミー(コンサルティング/住民ワークショップ企画)
ちいき事業
地域を自分ごとにする
  • 農地活用(コラボ農園の企画・生産受託・資材販売)
  • 廃校活用(フィットネスサービスの提供/イベント企画)
  • 地域リコノミー(コンサルティング/住民ワークショップ企画)

活動地域

PLACE
北信濃エリア
飯綱町(いいづなまち)

飯綱町は長野県の北部に位置する人口1万人ほどの小さな町です。
豊かな自然と清らかな水を活かした、りんご・そばをはじめとする農業が基幹産業です。町の地形は、なだらかな高低差(すり鉢状)があり、町を一望できる景観スポットもあります。

東京から長野駅まで新幹線で1時間半。
長野駅から車で30分と「都市からほどよい距離にあって大自然が味わえる町」として、移住者や関係人口も増加傾向にあります。

近年では、少子高齢化に伴い、町内4校あった小学校のうち2校が廃校となってしまいました。
しかし、その2校ともに地域内外の交流施設として活用することを決め、2020年から「いいづなコネクトWEST/EAST」としてオープンし、再び場としてのにぎわいを取り戻しつつあります。

北信濃エリア
飯綱町(いいづなまち)

飯綱町は長野県の北部に位置する人口1万人ほどの小さな町です。
豊かな自然と清らかな水を活かした、りんご・そばをはじめとする農業が基幹産業です。町の地形は、なだらかな高低差(すり鉢状)があり、町を一望できる景観スポットもあります。

東京から長野駅まで新幹線で1時間半。
長野駅から車で30分と「都市からほどよい距離にあって大自然が味わえる町」として、移住者や関係人口も増加傾向にあります。

近年では、少子高齢化に伴い、町内4校あった小学校のうち2校が廃校となってしまいました。
しかし、その2校ともに地域内外の交流施設として活用することを決め、2020年から「いいづなコネクトWEST/EAST」としてオープンし、再び場としてのにぎわいを取り戻しつつあります。


会社情報

INFOMATION
会社形態
みみずやは「非営利型」株式会社

株式会社みみずやでは、通常の株式会社が採用している「株主への利益配当」をおこなわず、社会貢献積立金とすることを定款に定めています。
上場や売却といった方向性を視野に事業拡大していくのではなく、社会や地域を良くしたい投資家の方々の共感や想いを資本として、公益性が高く持続可能な事業づくりをおこなってまいります。

会社形態
みみずやは「非営利型」株式会社

株式会社みみずやでは、通常の株式会社が採用している「株主への利益配当」をおこなわず、社会貢献積立金とすることを定款に定めています。
上場や売却といった方向性を視野に事業拡大していくのではなく、社会や地域を良くしたい投資家の方々の共感や想いを資本として、公益性が高く持続可能な事業づくりをおこなってまいります。